不動産売却の相談不動産情報

不動産売却の相談で第2の人生をスタートしたい人の相談窓口

不動産売却 相談

不動産売却 相談 定年退職後から第2の人生を始めるために

50〜60代最大の出来事と言えば、定年退職かと思います。

今まで何十年も家族の為に仕事をしてきました。
今まで何十年も家族の為に尽くしてきました。

定年退職は、それらの縛られた生活から解放される瞬間とも言えます。

お疲れ様でした。
きっと立派になられたご子息も心で思っています。

第2の人生に何をするか

自由な生活を手に入れたはいいものの、何をするか戸惑う方も多くいると思います。

原点回帰して考えてみましょう。

人は衣食住と、必ず必要なものがあります。

しかしこの歳になると衣服に関心はありません。
食もだいぶ細くなり、たまに良い物を少量食べれば十分に幸せです。

それでは、「住」に関して見直してみてはいかがでしょうか?

家に対する考えの見直し

今まで住んできたお家は、様々な思い出があり人並みならぬ愛着があるかと思います。

しかし、思い出の数だけ築年数も経ってきています。

若い頃には住みやすいと感じていたお家も、今の年齢だと日々ツラいと感じる部分があると思います。

  • 階段の上り下り
  • 段差
  • 食器棚の高さ
  • 不満は探せば限りなく出てくると思います。

    これからも我慢と苦労を続けるのであれば、現在の不動産を売却し、新たな人生の糧とするのはいかがでしょうか。

    不動産売却 相談 とは第2の人生をスタートしたい人にとっての重要な選択

    「新たな住まい」に住む事で、「新たな気持ちで送る第2の人生」

    現在お住まいの不動産や、所有している不動産を売却する事で、退職金+不動産売却の現金が増えます。

    悠々自適なアクティブシニアの人生を歩むために必要な選択でしょう。

    新たな住まいの購入という選択

    新たな住まいを購入し、悠々自適な生活を送るのはいかがでしょう。

    老人ホームに入る時に売却する事を考えておくのも良いかもしれませんね。

    築年数も浅いまま売却するので売却額も安心できると思います。

    それまでは理想のマイホームで晴れ晴れと第2の人生を送りましょう。

    最終的には、ご子息で相続したい方がいれば相続財産として譲るのも一つかもしれませんね。

    新たな住まいを賃貸という選択

    新たな住まいを賃貸するのも一つの選択かもしれません。

    昨今はマンションなどが多く建っています。

    戸建ではなくマンションの良いところは、上下階を階段で行き来する必要がないところです。

    階数はあってもエレベーターなので身体的労力はありません。

    また、共用部分の管理は管理会社が行なっているため比較的綺麗にしてくれます。

    現金に余裕を持たせて、旅行など趣味に没頭するのも一興です。

    不動産売却 相談 についてのまとめ

    今はアクティブシニアと言われるほど50〜60代でも元気があります。

    悠々自適な第2の人生を新たな住まいでスタートしませんか。

    エステッドでは幸せな第2の人生をスタートさせるお手伝いをしております。

    今ご所有の不動産が大切な存在だと分かっております。

    だからこそ、親切丁寧を心がけてご対応いたします。

    不動産売却以上のお手伝いをさせて頂きます。

    不動産 売却 相続に関するお問い合わせ

    不動産の売却・相続についてのご相談は下記フォームまたは電話からご連絡下さい。

    [contact-form-7 404 "Not Found"]

     
     
     
    トップページへ戻る

    定年退職後の生活に関するこんな助言もあります。こちらを参考にしてみてはいかがでしょうか

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です