不動産情報

賃貸 契約 の重要な手続き5行程!

賃貸 契約
アパート・マンション・戸建と賃貸して住みたい場合、住みたい物件を見つけても当日から住めるわけではありません。
ここでは、賃貸の申し込み・契約・鍵の引き渡しや実際に住み始めるといった重要な流れを説明していきます。

申し込みと入居審査について

不動産会社にて住みたい物件が決まったらまずは申込書を貰い、この申込書の必要項目を記入していきます。この申込書がいわゆる入居審査申込書と言われるものです。この申込書を元に審査が行われ、入居の可否が決められます。

賃貸 契約 申込書の記入項目11点

申込書には記入すべき項目が11点あります。それらの項目をずらっと挙げてみました。事前に内容を把握しておく事で簡単に書き終える事ができます。
氏名
住所
年齢
生年月日
電話番号
勤務先
勤務先住所
勤務先電話番号
勤続年数
年収
連帯保証人(連帯保証人についても同じく上記項目の記入が必要です)

申込時に必要な書類など7項目

申込書の記入が終わったら、不動産会社に提出すべき書類など7項目をしっかりと確認しましょう。どれを忘れても入居審査に進まないので入居可能日が後倒しされてしまいます。しっかりと準備して不動産会社に行きましょう。
申込書
認印
運転免許証
保険証
合格通知書(新入学生の場合)
内定通知書(転職者の場合)
申込証拠金(家賃1ヶ月分を求められる可能性ありますが、契約金の一部として充当されます)

入居審査について

入居審査は貸主・管理会社・保証会社のいずれかが行います。昨今では保証会社が行うのが主要な流れになっています。それらの入居審査は数日で完了し、不動産会社から返答がもらえます。兎にも角にも入居審査が通らない事には入居できません。入居審査が通る事によって、不動産会社との重要事項の説明という段階へ移行していきます。

重要事項の説明における流れ

入居審査完了後の流れについて説明します。

契約日の取り決め

入居審査後、最初の段階は契約日の取り決めです。なぜかというと、契約書の作成は契約日が確定していない事には完成できないからです。そのため、入居予定日は事前に決めておくべきです。注意点としては、契約書作成後の日程変更は基本的に受付けられませんので気をつけて決めましょう。

重要事項の説明

賃貸借契約書ができましたら、不動産会社にいる宅地建物取引士により重要事項説明があります。重要事項説明とは、契約をする前に知っておくべき事項を纏めたとても重要な内容になります。しっかりと聞いておき、わからない部分がある場合はしっかりと確認しましょう。この重要事項説明をしっかりと把握しておくことが契約後のトラブル回避につながります。

この重要事項説明が完了してから、契約となります。契約をしてから重要事項説明はありえませんので気をつけましょう。

さらに、2017年10月より賃貸においてはインターネットでの重要事項説明も可能となりました。この時にはビデオ通話によりますので、安定したインターネット環境及び文字が読める画質がある事を確認しておきましょう。さらに、インターネットでの重要事項説明においてはいくつかの必要事項がありますので事前に確認しましょう。例えば、免許証などの身分証の用意が必要です。

契約書について

契約書の書き方3ポイント

不動産会社より契約書を渡されたら、契約書を記入していく事になります。そこで、知っておくべき重要な3点をまとめました。

契約書の記入者

契約書は借主・連帯保証人が直筆で記入しましょう。

捺印について

借主は認印での捺印で大丈夫です。
連帯保証人は実印での捺印が必要です。
シャチハタは不動産会社にお断りされます。

契約書の記入ミス訂正方法

契約書での記入ミスの訂正の仕方です。
まず、訂正したい箇所にしっかりと横棒を引いてください。
その訂正箇所に、契約書に捺印する用の印鑑で捺印します。
そしてその付近の空いているスペースに正しく記入し直しましょう。
修正液などでの訂正は不可です。

契約書など提出する重要書類4点

不動産会社に提出すべき書類を挙げます。
契約書
借主の住民票
連帯保証人の印鑑証明書原本
車の使用がある場合は車検証の写し

入居の手続き

契約が済みましたら、入居に要する手続きをする必要があります。不動産会社ではなくて個人で手続きすべき項目が結構ありますのでご注意ください。

電気・水道・ガスなどの手続き

入居の1週間前には電気・水道・ガスの名義変更手続きをご自分でする必要があります。各連絡先は契約書とあわせて不動産会社より知らされます。注意点としては、ガスの開栓だけ入居者の立会いが必要になります。また、プロパンガス会社によっては保証金が必要になる場合もあるので事前に確認しましょう。

入居前までに必要な届出6点

役所での転出届
郵便局での移転届け
保険会社への連絡
プロバイダーへの連絡
電話会社への連絡
クレジット会社への連絡

鍵の引き渡し移行の手続き

不動産会社からの鍵の引き渡しは原則としては取り決めした契約日以降となります。契約日より前に鍵を渡してもらいたい場合は、相談をしてみるといいかもしれません。しかし、契約としては契約日からとなるので断られる事もありえます。もしくは契約日を早める事になるかもしれません。

入居後にすべき事2点

運転免許証の住所変更手続き
転入届の処理

まとめ

このように賃貸借契約にはこれだけの流れがあります。
しっかりと事前確認をした上で手続きをスムーズに進めていきましょう。

エステッド合同会社で賃貸の相談するメリット

エステッド合同会社では、お客様に快適な入居をして頂くために下記対応を行っております。

 

  • 完全事前予約制。
    • お客様ひとりひとりをおもてなしいたします。
  • お客様が住みたい物件を見つけるお手伝いをいたします。
    • 色々な不動産会社を回る手間がはぶけます!
  • 通常の賃貸に要する費用以外の費用はかかりません。

 

賃貸物件をお探しの方!→お電話での相談はこちらからどうぞ!

電話番号: 0287-33-9012

担当: 内藤

お気軽にご連絡してください。

 

賃貸物件をお探しの方!→メールでのご相談はこちらからどうぞ!

実は…こんな物件も紹介可能です!

不動産ポータルサイト(スーモ、チンタイ、ホームズ、アットホーム等)に他社が掲載している物件もご紹介可能です!
お気軽にお問い合わせください!

電話

携帯(内藤): 080-4670-1270
電話:0287-33-9012

メール

ested.net@gmail.com

LINE@

こちらをクリックでもLINE@追加!なんでも気軽にご相談ください!

お問い合わせフォーム

★ 問合せ内容 (必須)
売却査定買取査定相続の相談不動産トラブルの相談借金の相談その他の相談  

★ 物件タイプ
戸建マンション一棟アパート土地その他  

ホームはこちらページへ戻る
 
 
こちらで物件を探して当社にご相談してみてはいかがでしょうか?誠心誠意お手伝い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です