不動産情報

建物 の6種類と5構造について解説

建物

建物を知ろう

建物を知るには 建物 の種類や建物の構造について知る必要がある。なぜなら建物の各種類及び構造にはそれぞれ特徴があるからだ。不動産を売買または土地を活用する人にとっては建物の種類及び構造の特徴については必要な知識だ。また不動産を賃貸する場合であっても建物の種類及び構造の特徴について知っておいて損はない。

建物の種類とは

建物にはマンション、アパート、戸建、メゾネット、テラスハウス、戸建てなどの種類がある。今回述べる建物の種類とはあくまで集合住宅、共同住宅や住宅などの種類という事だ。不動産の賃貸物件を探す時にはおおよそこの5種類の建物が物件検索サイト上に掲載されているため、一般的に高い認知度がある。これらの種類には明確な比較ができるものとそうでないものがあり、賃貸や売買さらには土地活用として新規に建物を建てようと考える人には必要な知識だ。そのため上記5種類の建物について詳しく書いてある。

建物|マンションとは

法律上マンションに確定的な定義はないが、マンションとは建物の中に複数の独立した住居が存在する比較的大きな共同住宅だ。一般的にマンションは3階以上の共同住宅とされる。昨今よく耳にする高層タワーマンションとはその名の通り階数の高いマンションだ。そして構造としてはRC造やSRC造がマンションとされている。時には重量鉄骨造もマンションとされる事もある。マンションには区分マンションという独立した住居部分に専有権を割り当てた共同住宅がある。さらには賃貸マンションという独立した住居部分に賃借権を割り当てた共同住宅もある。マンションの形態によっては1、2階に店舗の用に供するスペースを作る事も少なくはない。一般的にマンションは丈夫で耐震性もあり防音性も兼ね揃えた一番高性能な共同住宅と考えられている。そのためマンションに住まう費用も比較的高価とされる。このような事実と一般的な見解が「マンション」の意味を形作っている。

建物|アパートとは

法律上アパートに確定的な定義はないが、アパートとは建物の中に複数の独立した住居が存在する比較的大きくない共同住宅だ。一般的にアパートとは2階建ての共同住宅だ。そして構造としては木造や軽量鉄骨造がアパートとされている。時には重量鉄骨造もアパートとされる事もある。アパートは主に賃貸の用に供される共同住宅だ。マンションに比べると丈夫さ体制性能や防音性能において劣ると考えられている。そのためアパートに住まう費用も比較的安価とされる。このような事実と一般的な見解が「アパート」の意味を形作っている。

建物|戸建てとは

戸建てとは一つの建物が独立した住居となっている住宅である。戸建てもしくは一戸建てや戸建住宅とも言われる。主に戸建は独立した住居となっているが、戸建てには二世帯住宅などの形態もあるため必ずしも独立した複数の住居とは言えない。一般的に戸建ては2階建てである。1階建ての戸建ては平屋とも言われる。3階以上の戸建てもあるので必ずしも2階建てというわけではない。また、戸建てに関しては木造が主流である。しかし軽量鉄骨造、重量鉄骨造、RC造、SRC造の戸建ても建てることは可能だ。戸建ては独立した住居となっているため売買により購入するか、建売を購入するか、土地を購入して建てるか、所有する土地に建てるかといったように所有する形態が主流である。しかし昨今は賃貸の戸建ても増えつつある。また、戸建てを利用した賃貸シェアハウスといった共同住宅化も増えつつある。さらには1階を店舗として2階を住居とするような形態もある。

建物|メゾネットとは

メゾネットとは建物の住居部分が2階層以上に繋がり専有できる形態の住居である。例えば20階と19階が内階段で繋がり一つの住居となっている場合これをメゾネットという。1階と2階または最上階とその下階などに渡りメゾネットとなる事が主流だ。メゾネットはマンションでもアパートでも建設可能である。メゾネットタイプのマンションは賃貸用の共同住宅として建設される事も区分用の共同住宅として建設される事もある。アパートの場合は1階と2階を内階段で繋ぎ住居として占有できるため防音性は普通のタイプのアパートより比較的高い。またこのタイプのメゾネットの場合は上下階を占有しているため独立した庭や駐車場が付いている事が主流なため比較的独立性が高い。このタイプはテラスハウスとも呼ばれる。

建物|テラスハウスとは

テラスハウスとは1階と2階が内階段で繋がれた住居が連なっている建物である。そのため複数の連なっている住居が壁を共有する事となる。そのため防音性は普通のタイプのアパートより比較的高い。またテラスハウスは上下階を占有しているため独立した庭や駐車場が付いている事が主流なため比較的独立性が高い。テラスハウスはメゾネットとも関連性がある。

マンションとアパートの比較

マンションとアパートについて比較する。しかしその前に法律上マンションとアパートに確定的な線引きがなされていない事を知っていただきたい。つまり、不動産会社のさじ加減でマンションかアパートかと分類している面がある。さらに言えば建物の名称は自由に決められるため一般的なアパートの建物の名称にマンションと入れることもできる。逆に一般的なマンションの建物の名称にアパートと入れる事もできる。上記の理由からマンションとアパートを比較する事にそこまで大きな意味はなさない。一般的に言われるマンションとアパートの違いを比較するにすぎない。本当に詳しく知るために比較したい場合は、その建物の構造で比較する事が最良である。建物の構造については詳しく後述するが、まずはマンションとアパートを一般論ベースで比較する。

建物|マンションとアパートの違い

マンションとアパートの一般的に言われる構造の違いとして、マンションはRC造、SRC造、重量鉄骨造の3階建て建物である。それに比べアパートは木造、軽量鉄骨造、の2階建て建物だ。この構造の分類が一般的にマンションとアパートを線引きしている。
またマンションの方がアパートより優れている部分が多くある。耐火性が高い、防音性が高い、防犯性が高いなどがよくあげられるマンションの秀でている部分だ。逆にアパートは耐火性が低い、防音性が低い、防犯性が低いと一般的に言われマンションより若干劣る。
しかし、どれほどの差があるか知りたい場合は後述してある「構造別の比較」に目を通すべきである。
また価格をベースにマンションとアパートの違いを述べると、一般的に賃貸でも区分でもマンションの方が高額でありアパートの方が安価である。

建物|の構造について

建物の構造は主に5種類ある。
鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)、重量鉄骨造(S造)、軽量鉄骨造(LSG造)、木造(W造)だ。
それぞれの違いを纏める。

建物|鉄筋コンクリート造(RC造)とは

鉄筋コンクリート造(RC造)とは鉄筋とコンクリートの組み合わせで建てられる。
鉄筋は引張力に強いが、錆びやすく高温に弱いという弱点がある。
コンクリートは引張力に弱いが、圧縮力や錆び高温に強いという長所がある。
これらお互いの長所を生かし短所を補うために骨組みとして鉄筋がコンクリートに入れられている。
この鉄筋コンクリート(RC)を材料として 建物 を建てる事で耐火性にも引張力や圧縮力さらには錆びにも強い鉄筋コンクリート造(RC造) 建物 が完成する。

建物|鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)とは

鉄骨鉄筋コンクリートはまず鉄骨を組んでから鉄筋を入れコンクリートを入れる。
鉄骨を入れる事と入れない事の違いだが、鉄骨を入れる事で鉄筋コンクリートよりしなやかさを得る事ができる。
これも先ほどの組み合わせで長所を出していくといった理論から成り立っている。

建物|鉄筋コンクリート造(RC造)と鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の共通点

鉄筋コンクリート造(RC造)と鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)はどちらも耐火性に優れ、耐久性もあり、耐震制度も高い。
そして鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の方が鉄筋コンクリート造(RC造)より建設費用が高いといえど、他の素材と比較するとどちらも材料費用が高いので建設コストが高い。

建物|重量鉄骨造(S造)とは

重量鉄骨造とは重量のある太い鉄骨を柱や梁として組む事で建てられる。
重量鉄骨造といえども全てが重量鉄骨で造られているわけではない。
屋根や床などに木造が使われたりする。
鉄骨造の中で重量鉄骨造と呼ばれるには銅材の厚みが6mm以上である必要がある。

建物の法律上の種類

建物の種類は、建物の主な用途により、居宅、店舗、寄宿舎、共同住宅、事務所、旅館、料理店、工場、倉庫、車庫、発電所及び変電所に区分して定め、これらの区分に該当しない建物については、これに準じて定めるものとする。
また、建物の主な用途が二異常の場合には、当該二異常の用途により建物の種類を定めるものとする。
左記の内容が不動産登記規則第113条に定められている。
規則第113条に規定する 建物 の種類の区分に該当しない建物の種類は、その用途により、次のように区分して定めるものとし、なお、これにより難い場合には、 建物 の用途により適当に定めるものとする。
後者、講堂、研究所、病院、診療所、集会所、公会堂、停車場、劇場、映画館、遊技場、競技場、野球場、競馬場、公衆浴場、火葬場、守衛所、茶室、音質、蚕室、物置、便所、鶏舎、酪農舎、給油所。
と不動産登記事務取扱手続準則第80条に規定されている。
つまり、建物には主な用途により細分化した種類があるという事を理解してもらいたい。

下記には、主な建物の種類について説明してある。

建物|居宅とは

居宅とは専ら居住のように供される建物である。要は一般的に言われる家だ。
社宅等で一戸建てのものも居宅とされる。
また、旅館業法で適用外の民宿や別荘についても居宅とされる。

建物|店舗とは

店舗とは商品を陳列して販売するための建物である。そこには飲食物を調理して提供する飲食店も店舗に含まれる。
例えばレストラン、食堂、喫茶店、スナック、バーなどである。理容室、美容院や動物の診療を目的とする施設なども店舗に含まれる。
さらに言えば貸店舗など常時定まっていない建物も店舗となる。
このように、一般的にお店と言われるものは大概が店舗だ。

建物|共同住宅とは

共同住宅とは一棟の建物の中に独立した居住区画が複数あるものである。
例えば、高層タワーマンション、マンション、アパート、コーポ、メゾネットなどが共同住宅としての建物に含まれる。
一般的に共同住宅は賃貸または区分所有される。

建物|事務所とは

事務所とは組合、会社等の法人、団体または個人事業のための事務さらには銀行を除く金融機関の営業活動の用に供される建物である。

建物|旅館とは

旅館とは旅館業法適用内の旅館、民宿、ロッジ、ユースホテルなどの用に供される建物である。

建物|料理店とは

料理店とは専ら飲食の場や会席を提供するものであり、料理を提供する料亭や割烹などが含まれる。

建物|工場とは

工場とは物品の製造、加工の用に供される建物である。

建物|倉庫とは

倉庫とは物品を収納や保管の用に供される建物である。

建物|車庫とは

車庫とは車両を格納する用に供される建物である。
一般的にガレージとも知られている。
また、居住用の建物の内部に車庫が存在する建物をガレージハウスと言われる。

建物 に関するご相談はこちらから送信!

[contact-form-7 404 "Not Found"]

ホームはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です