不動産情報

空き家の問題点と解決策

空き家は様々な問題を生みます。

第一に空き家がある事で社会的損失が生まれます。周辺地域に対するイメージダウンや犯罪率の増加が例に挙げられるでしょう。
第二に経済的損失が生まれます。その空き家は本当に放置して、固定資産税を払い続けなければいけない負動産なのでしょうか。
もしかしたら、その空き家にもまだ経済的に利益を生み出せる可能性があるかもしれません。

実は空き家は一戸建てに限らない。
昨今はマンションや一戸建てから別荘など空き家が多岐にわたり増加ししています。
弊社では、そのような空き家問題に対する取り組みを行っております。

空き家となってしまう大きな理由は2つあります。

一つ目は、親の高齢化です。

親の高齢化により老人ホームに入居したはいいが、それまで住んでいた一戸建てやマンションをそのまま空き家として放置してしまうパターンです。放置する理由としては、もしかしたらまた使用するかもしれないといった気持ち。親の住まいなので生きている間に処分するのは気がひけてしまう。親に意思表示能力がなくなってきており、決断ができない。親の所有物なので勝手に処分はできない。権利書や印鑑、通帳など親の重要なものがどこに保管されているかも把握できていない。このように様々な理由から一戸建てやマンションが放置されてしまいます。

二つ目は、親からの相続です。

一つ目の理由の延長線上にある問題とも言えます。相続したものの一緒に住んでいなかったので全く全容を把握できていないからそのままにしている。そもそも住まいが遠いため一々相続した一戸建てやマンションの面倒を見れないから放置してしまっている。相続したが、不動産が分けられなかったため、共有持分として所有しており、みな手のつけようがない。相続したものの、一戸建てやマンションの中が遺産や不用品で溢れており、整理や処分する暇が作れない。相続してからずっと放置してしまっていたため、権利書も重要書類も何もかもどこにあるかわからない。相続したものの一戸建てもマンションもボロいため、利用価値がないと思っている。相続したものの、利用価値を出すためには、リフォーム費用や修繕費用がかかってしまうため手がつけられない。さらにやり方がわからないため放置してしまっている。このように様々な理由から一戸建てやマンションが放置されています。

これら全ての空き家問題に解決策を導き出す事ができるかもしれません。

空き家を放置しているだけでは毎年固定資産税や管理費を払い続けているだけの負動産所有者です。
なんらかの形で最適化できたとしたら、それは喜ばしい事です。
ご相談については無料で承っております。

対応可能エリアは、栃木県全域・埼玉県全域・東京都全域となります。
ご了承ください。

ご相談はこちらから

★ 問合せ内容 (必須)
売却査定買取査定相続の相談不動産トラブルの相談借金の相談その他の相談  

★ 物件タイプ
戸建マンション一棟アパート土地その他  

 

ホームはこちら